準備・持ち物

イタリア旅のテーマ決定!思い切り楽しむことで、見ている人も楽しくなる旅を。

みなさんこんにちは、たまゆりです。

少しごぶさたですがお元気でしょうか。

相変わらずの日々を山小屋で過ごしています。

小屋の周りの自然はすっかり夏から秋に変わって、あんなに堂々と咲いていた濃いピンクのコマクサたちも姿を消してしまいました。

かわりに、木の葉の影をひょいとのぞくと、そこかしこに宝石のような色とりどりの可愛らしい実をたくさん見つけることができます。

だから最近のブームは、散歩しながらのかわいい木の実探し(笑)

 

秋雨前線の影響で雨の日も多いですが、晴れた日の夜には夜空の天の川と眼下の夜景を眺めるのも、相変わらずとても大好きな時間です。

 

この大自然の中で過ごす時間も、残りあと少しになってきました。

2ヶ月も暮らしてみると、美しい星空もきれいな空気も、風と雨以外音のない夜も、だんだん「日常の中の好きなもの」になっていきます。

 

あまりに日々の中にそれらが自然に溶け込んでいる今。

だからきっと、山を降りたらこの静かな夜や澄んだ空気を懐かしく感じるのだろうなぁ。

 

そんなことを思う今日この頃です。

 

 

 

さて!

山を降りる日が近づくと同時に、これからの人生計画(?)、次の旅・イタリアの巡礼路ビア・フランチジェナの計画についてもだんだんと具体的に考える時期になってきました。

 

でね、すごーく、いろいろ考えたんだけど。

今回の、イタリアの旅のテーマは決まりました。

それは「自分が思い切り楽しむことで、見ている人も楽しくなるような旅にしたい!」ということ。ですっ!!!!

 

 

というのもですね。

前回の、スペイン巡礼・北の道の巡礼記をお読みくださっている方はわかると思うのですが(笑)

前回の北の道の旅は、いろいろ準備不足だったり計画が甘かったこともあり「楽しむ」というよりも「修行」あるいは「苦行(?笑)」のような側面が強くなりすぎてしまったような気がすごくしていて。

こうしてブログを読んでくれている人たちにも、心配かける場面ばっかりだったなぁと。

 

当時の巡礼記と旅の反省点はこちら。

スペイン巡礼2019・北の道旅行記まとめ。海と山に囲まれ、自分と向き合う孤独な旅。 私、たまゆりが2019年5月から6月まで、スペイン巡礼・北の道を旅していた当初、リアルタイムで更新していた旅行記です。 ...
ここが失敗!スペイン巡礼北の道の旅の反省点と、次の旅に向けての改善点 みなさんこんにちは、たまゆりです! 実は今、数日の休暇をいただいて山を降りて地元犬山に帰省をしております。 ...

もちろん、それはそれでものすごく、あの時の自分に必要な出来事であり旅の経験だったと思うのです。

苦しかったけど、自分自身の深い部分まで向き合うことができたし、ひとつ殻を破ったような感じ。あの巡礼の経験は自分の中で大きなターニングポイントだったなって。

 

私がブログをこうやって書いているのって、そんなふうに「自分と向き合うため」「その記録を残したいから」というのもものすごくある。

 

だけどそれと同時に、読んでくれている人たちに楽しんでもらいたいなっていうのもすごくあるんだなと気がついたんです。

 

でも、前回の旅では自分のことだけで必死すぎて、楽しんでもらう余裕どころか、自分が楽しむ余裕さえなかった。

帰ってからもなんかよくわからんけどモヤモヤしてて。そのモヤモヤはなんだろうって考えていったら、気づいた。

 

多分私は「自分が楽しめなかったこと」と「見てくれてる人を楽しませられなかったこと」が、すごい悔しかったんだなって。

 

そう、だから、旅しながら今私がやりたいことって多分「私自身が楽しみながら、見ている人も楽しくなってもらうこと」です。

 

だから今回は、楽しむ!をテーマにイタリアを旅したいなと思っています。

ぁ、もちろんたまには、あの北の道の旅みたいな修行も必要なんだろうけどネ(笑)

 

 

それにもう一つ「自分が楽しむことで、現地や現地の人たちに敬意を払う」というようなことも心に留めておけたらいいなと思います。

それも、前回できなくてすごく悔しいことの一つだったから。

 

 

そういうわけだからね、今回は、楽しみます!!!

楽しんじゃいます!!!!!笑

 

 

なんといっても、秋のイタリア・トスカーナ地方。

ポルチーニ茸にワインに、収穫の秋のおいしいものがいっぱいの予感!

 

私の中の大きなテーマでもある「歩いて自然を味わう旅」はマストだしもちろん外したくない。

でも、それだけじゃなくて、トスカーナの小さな宝石みたいな街々も、ゆっくり散歩して観光もしてのんびり楽しみたい。おいしいものだって食べたい!

欲を言えば、たまにはオシャレとかして街も歩きたい(笑、だってイタリアなんだもの!)

でもやっぱり、電車やバスだけじゃ味わえない、歩くことでしか見られない風景や、経験に出会いたい。

 

そんな願いを叶える、どっちでもないちょうどいい旅。

「歩く旅」というよりも「旅の中に、歩きを取り入れる」感覚で実現できたらいいなあと思います。

 

 

旅の期間は、10月末~11月末までのちょうど1ヶ月。

当初はルッカという街からローマを目指す400kmを歩くつもりでしたが、さらに距離を縮めて、今回は歩いてローマまで到着はできなくてもいいかなというくらいののんびりな気持ちで計画を組もうかなと思っています。

出発地である城壁の街ルッカはもちろん、道の途中には塔の街サンジミニャーノ、古都シエナなど美しい街が点在しています。

また、トスカーナならではのアグリツーリズモ(農家に泊まる体験)の宿もあるようです。

 

そんな美しい街々で何泊かゆっくりと時間をとって満喫しながら、同時に歩きも楽しめたらいいなと思います。

 

 

 

そんな感じ。

 

 

さて、テーマも自分の中でハッキリして、あとはそれを叶える具体的な計画!装備!予算!笑

山の上はネット環境が不安定で、なかなか宿などの下調べがしにくくてちょっと困っているのですが(笑)

 

また、そんな具体的な計画や準備の面についても、ゆっくりペースにはなると思いますが発信していけたらと思います。

 

 

それじゃ、今日はここまで!

今回も、お読みくださりありがとうございました♪

たまゆりでした!ちゃお~~!

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

POSTED COMMENT

  1. ぷー子 より:

    こんにちは。はじめまして。ぷー子と申します。
    おくのさんの巡礼記でお名前が出ていて、こちらのブログを拝見させていただきました。(巡礼記を読むのが最近楽しくて)
    2年前にviaFrancigenaを歩きました。
    古い情報ですがこちらのページ(https://romanr.blog.fc2.com/blog-entry-980.html)にまとめているのでよろしければ参考にしてみてください。特に「Associazione Camminando sulla Via Francigena」のリンクさえチェックしていればイタリアパートだけなら問題なく歩けますよ。こちらの宿リストだけでイタリアは歩きました。
    道標もイタリアはしっかりしてましたが、ルートは頻繁に更新されるようなので、ルートに囚われず、地図を見て自分で決めた道で歩くのもviaFrancigenaの楽しみの一つだと思っています。

    もう既にたまゆりさんが調べられた内容ばかりかもしれませんが、ガイドブックは(けちって)買わない主義の自分がネット上での情報集めに苦労したので老婆心ながらコメントさせていただきました。
    来月出発ですよね。
    秋のトスカーナ楽しんできてください。

    • たまゆり より:

      ぷー子さん、はじめまして!
      とっても貴重なvia francigenaの情報、どうもありがとうございます…!グーグルなどで検索してもなかなか巡礼記など出てこなくて、情報がほとんどなくて、どうしたものか…と悩んでいたところだったので、本当に助かります。
      特に宿の情報はぜんぜんわからなくって…!!
      ぷー子さんの巡礼記、拝読しました。ひまわりの写真がとても素敵です。所々で見られるぷー子さんのまぶしく日焼けした笑顔も印象的でした。
      女性一人旅で徒歩2000kmとは、、、体力や精神力、たくましさに敬服です。私が今回計画しているのはほんの一部だけですが、いつかぷー子さんのように長い距離を歩いてみたいなぁと思います。

      おくのさんとお知り合いでいらっしゃるのですね…!
      私も、3年前にはじめてカミーノを歩く前から色々情報をいただいたりしていて、今年の北の道巡礼でついにご本人にお会いすることができました。(全然ゆっくりお話しできなかったですが…。)

      いただいた貴重なアドバイスを参考に、楽しんで歩いて来られればと思います。
      ありがとうございました✴︎

ぷー子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。