ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

準備・持ち物

【カミーノ準備】バルセロナ→イルンへの電車チケットをRenfeで取りました!

 

みなさまこんにちは、人生初の一眼レフをついに購入し、ワックワクがとまらないたまゆり(@tamaoyurika)です!

(詳しくはTwitterをどうぞ。また後日ブログでも記事にしまする!)

さて!!

いよいよ、私のスペイン巡礼北の道への出発まであと2ヶ月をきりました

で、昨日、ついに!!!

巡礼スタートの街・イルンへ行くための電車チケットを手に入れました!

Talgo III RD

今回は、私自身の備忘録も兼ねて、チケットの探し方・取り方や料金について書いてみようと思います。

これからイルン行きのチケットを手配しようと思っている方や、カミーノへ行くご予定の方になにか参考にしていただければ幸いです。

私が取ったチケットの概要

あさ7時半にバルセロナ・サンツ駅を出て、イルンには昼の14時ごろに到着の予定です。

移動の所要時間は、約6時間半。

席は「ツリスタ turista」と呼ばれるいわゆる二等席。

予約開始からすぐに手配をしたので、早割的なお値段で買えたのではないかと思います。


チケットの値段は45ユーロ、手数料も合わせて53ユーロでした。

時間を調べるのは、ヨーロッパの交通機関検索サイトGoEuro

f:id:tamayuri0123:20190317211619p:plain

まずざっくりと交通機関を調べるのには、こちらのGoEuro(https://www.omio.com/)というサイトがひじょうに便利です。

(たびたびこのブログに登場するからご存知の方も多いかもしれません笑、サイト名が「omio」に変わった?)

国をまたいだ都市間の移動も簡単に検索でき、とってもわかりやすいです。


関連記事:

チケット予約は、スペイン国鉄Renfeの公式サイトから

f:id:tamayuri0123:20190317211442p:plain

GoEuro」でだいたい乗る電車の目星をつけたら、次にスペイン国鉄の公式サイト(http://www.renfe.jp/ja/)から予約に進みます。

さきほど紹介した「GoEuro」から直接予約することもできますが、代理予約になるため手数料が上乗せ、割引料金が適用されない場合もあります。

なので、特別な理由がない限りは直接Renfeのサイトから取るのをおすすめします。

■PCよりもスマホからがオススメ

なぜかパソコンからだとつながらないことが多く、予約手続きの途中でサーバーエラーになったりすることも多々

スマホからだと比較的スムーズなのでお試しください。

予約自体は、日本語版があるので難しくないです。

予約は出発の2ヶ月前から

f:id:tamayuri0123:20181215224754j:plain

予約は、電車に乗る日から逆算して2ヶ月前からとることができます。

■早めの予約だと「早割」がきく

Renfeの長距離列車には「早割」のような「Promo プロモ」という料金設定があります。

席数は限られるものの、早めに予約すればするほどお得な値段でとりやすいです。

なので私も、出発日から2ヶ月逆算した日にちを手帳に書き込んで、忘れないように手配をしました!


ただし、早割だとキャンセルできない、変更が効かない、返金がないなどのリスクもあるので注意が必要です。

(これに関しては後述します)

謎の手数料?

表示されたチケットの金額の他に、7ユーロの手数料がかかりました。

この手数料は一体なんの手数料か結局よくわからなかったけど笑

試しにスペイン語版のRenfeサイトから取ってみても同じ値段がかかったので、ネット予約手数料ってところでしょうか?

ただこの手数料を差し引いても、公式サイトからがやはり一番安く買えると思います。

予約・発券にパスポート番号は不要

予約に際してパスポートナンバーは不要でした。名前と電話番号と国籍を入力しただけです。


決済方法は、クレジットカードとPaypal払いが可能でした。

この電車を選んだ理由

f:id:tamayuri0123:20190317212200j:plain

今回は、朝早くにバルセロナを出て昼過ぎに目的地のイルンに着く電車を選びました。

バスではなく電車にした理由

バルセロナからイルンまでは、GoEuroによるとバスという交通手段もあるようです。

ただ、今回は電車の方が時間的にも都合がよかったことや、所要時間がバス8時間・電車6時間と結構違うこと、その割に意外と料金に大きな差はなかったことから、電車を選びました。

そして、バルセロナに着いて、慣れないバスターミナルに行くよりは駅に行く方がまだわかりやすそうでスムーズかなと思ったのも理由の一つです。

渋滞に巻き込まれたりもしないしね。(遅れることはあるけど)

昼過ぎ着の電車にした理由

バルセロナイルン行きの電車は、12本。


私が利用する7時半発/14時着と、15時発/22時着のふたつです。

後発だと、イルンへの到着がかなり遅かったので早い方を選びました。

遅い時間だと巡礼事務所や巡礼宿が開いていない

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tamayuri0123/20160511/20160511035415.jpg

あまり遅くに着くと、巡礼事務所の受付が閉まってしまっていたり、アルベルゲが埋まってしまう可能性があります。

22時着だと遅すぎてどっちも完全に閉まってるんですけどね。

イルンに着いたその日に、巡礼事務所で巡礼者としての登録を済ませ、アルベルゲに宿泊、次の日の朝には出発したかったので、ちょうどいい14時着を選びました。

先に日本からチケットを取っておく理由

当日や直前に現地で手配となると、席があいておらず予定が大きく狂ってしまう可能性が考えられます。

なので、私は行きの電車は日本からとっていきます。

■パリにて、満席で当日変更を断られた

以前、フランスのパリからサンジャンピエドポーに行く時にこんなことがありました。
チケットの予約を間違えて1日遅いのをとってたので、当日に振り替えてもらおうと思ったら満席で無理と断られてしまったのです。

 

その日はたまたまフランスの連休と被ってたからだそうですが

翌日の予約を日本で取っていたからよかったものの、そうじゃなかったら移動手段を失って途方に暮れていたかも。

そんなトラブルも考えられるのでやっぱり、日本からとっていくのが安心だなぁと私は思います。
(私以外あまり誰もやらないと思いますが、予約の日付は本当にお間違えのないように!!笑)

早割チケットはキャンセルや変更ができない

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tamayuri0123/20160508/20160508053528.jpg

前の項目でもちらっと書きましたが、早割だとキャンセルできない、変更が効かない、返金がないなどのリスクもあるので注意です。


今回私は、飛行機でバルセロナに到着後、一泊して翌朝電車に乗るので、よっぽどのことがない限りは大丈夫かと思いますが

同日中に飛行機と電車を乗り継ぐ場合は、遅延に注意!

例えば空港に着いて、同日中に電車に乗るような日程の場合は、飛行機が遅れる怖さはちょっとありますよね。


その場合は、多少高くなっても変更可能なチケットをとるか(ただし、上記の通り満席だと変更してもらえない可能性もあり)、おとなしく一泊して観光し、電車に乗る日を翌日にずらすか

あとは、私の乗る飛行機だけはきっと遅れないはずだッ!と信じて、天に任せて買うしかないですよね!笑

バルセロナ空港からサンツ駅までの交通

Frecciarossa high-speed trains, Milano Centrale railway station, Lombardy

バルセロナ空港から、イルン行きの電車が出るサンツ駅までは電車移動となります。

バルセロナ空港からバルセロナ・サンツ駅までの交通はこのサイトさんがとってもわかりやすかったです

■飛行機の到着が遅いので、空港泊の予定

Aeropuerto de Barcelona

私の飛行機がバルセロナに着くのは夜23時過ぎなので、たぶん、その日は空港泊します。

翌朝早めの時間に空港を出て、地下鉄でサンツ駅に移動し、電車に乗る。そんな感じになりそうです。

始めはサンツ駅付近に宿を取ろうかとも思ったのですが、真夜中に一人で大荷物で出歩くのもどうかと思ったのでやめました。

それなら空港にとどまって適当な椅子で寝て(笑)、翌日明るくなってから移動するのが利便性的にも安全面でも良さそうです。


どうせそのあと、イルンまでの移動の電車でイヤというほど寝れそうだし!笑

チケットの使い方

f:id:tamayuri0123:20190317213103j:plain

チケットは、インターネットでの決済が完了したらメールにpdf形式で送られてきます。

それを印刷して、チケットとして現地へ持っていきます。

チケットにはQRコードのようなものが印刷されていて、それをピッと改札にかざしたり、車掌さんに見せて読み取ってもらったりしました。

でもよく考えたら、雨とかで濡れてインクが滲んだら使えないですよね(笑)

心配な方は、念のため予備を印刷しておくといいかも…?

帰りの交通機関の予約について

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tamayuri0123/20160520/20160520014852.jpg

私の場合、巡礼が終わって、帰りにバルセロナまで戻ってくるための電車チケットは日本からはとっていきません。

■予定の変更が考えられるので、帰りのチケットは取らない

40日ほどの日程でカミーノを歩く中で、予定の変更も考えられます。

万一ケガしたら途中でリタイアすることになるかもしれないし、途中で気が変わってサンティアゴじゃない場所を目指したくならないとも限らない!笑

思ったより早くサンティアゴに到着した場合に、他の都市に遊びに行くようなことも考えられます。

■現地でスマホでネット予約が便利

前回もそうでしたが、今回の旅でも、帰りの日が近づいてだいたいの目処がついた時点で、現地でネット予約で手配しようと思っています。

スマホ、クレジットカード、Wi-Fi環境があれば、だいたいの交通機関が予約できます。


(ちなみにこういうときも、冒頭で紹介したGoEuroが超便利です。)

以上!

書きたかったことはだいたい書けたかな

前回のカミーノ以来、一度も海外一人旅をしていない私は、今更になってドキドキしてきております(笑)

ああ、無事、日本からイルンのアルベルゲにたどりつけますように!!

気合を入れて髪もばっさり切りました!!!笑

f:id:tamayuri0123:20190317212816j:plain

それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました!

たまゆりでした。チャオ!

 

【最新版】スペイン巡礼の旅・北の道の費用。安く抑えるにはやっぱり航空券が大事 みなさんこんにちは、たまゆりです。 なんか、雨続いてますね。なかなかすっきりしないお天気というか。 例年はこんなに秋に...
ABOUT ME
たまゆり
自然の中を歩く旅が大好きな27歳。 数回に及ぶ転職の末、定職につくのは諦めて、旅と人生を楽しむ遊牧民的な新しい生き方を意欲的に探し中。 同じ悩みや夢を持つ人とつながりたくてブログを書いています。   ◆詳しいプロフィールはこちら

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です