イタリア留学

フィレンツェに1年住んだ私の厳選おすすめスポット13!

みなさんこんにちは、たまゆりです。

この記事では、サンティアゴ巡礼にまったく関係のないことを書いております。ご注意下さい。

今度イタリア旅行に行くという友人から、「フィレンツェのおすすめのレストランやスポットを教えて欲しい!」と要望をいただきました。

僭越ながら、1年間フィレンツェに住んでいた私なりの個人的なおすすめスポットを、この場をお借りしてまとめてご紹介したいと思います。

おすすめレストラン

気に入って通っていた、友達が遊びに来たらよく連れて食べに行っていたレストランを紹介します。

 

Yellow Bar イエロー・バール

広くて活気のある店内に、豊富なメニューが魅力的です。

ピッツァもパスタも前菜もサラダも、メニューがめちゃくちゃ豊富。サラダひとつとっても10種類くらいあった気がします。そしてとにかく何を頼んでもおいしい。

どちらかというと庶民的な雰囲気で、お店のお兄さんたちもとても気さく。

ドゥオモや駅などの中心からも近くアクセスしやすいので、困ったらここ。

f:id:tamayuri0123:20160413121519j:plain

私がイタリアに留学するきっかけを作ってくれた母の友人夫妻は、フィレンツェ旅行した際、気に入りすぎて毎晩ここで食事したそう。

私も、イタリアに遊びに来てくれた友人を何度も連れて行きました!

 

I’Raddi イ・ラーディ

フィレンツェでいちばんおすすめのお店。いつも地元のイタリア人でにぎわっています。中心部からは少し外れるけれど、ぜひ行って欲しい。店内はシンプルで、暗めの照明が落ち着いた雰囲気。

ディナーの時間は、テーブルにろうそくが灯されて、とてもいい雰囲気になります。

f:id:tamayuri0123:20160413121000j:plain

何を食べてもとにかくおいしいけれど、外せないおすすめは前菜の盛り合わせ(Antipasto Misto-アンティパスト・ミスト)。

生ハムとサラミとクロスティーニ(鶏レバーペーストの乗ったトースト)がたっぷり乗って8ユーロ!めちゃくちゃおいしくて、ワインが進みます。

おしゃれだけれどかしこまりすぎていなくて、おすすめのレストランです。

おすすめジェラート

イタリアといえば、ジェラート!フィレンツェの街にも、老舗から新進気鋭のお店まで、おいしいジェラートがいっぱい。

イタリア滞在中、色んな味を毎日少しずつ試すのもおすすめです。

Gelateria dei Neri ジェラテリーア・デイ・ネーリ

f:id:tamayuri0123:20160323212308j:plain

私が留学中いっつも行っていたおなじみのジェラート屋さん。

下町っぽい雰囲気の通りにあり、かなり老舗なので、地元の人からとても愛されているお店。

夜遅くまで営業していることも魅力のひとつ(たしか23時か24時くらいまで)。

f:id:tamayuri0123:20160413152155j:plain

とにかく味の種類が豊富で、チョコレート関連だけでも10種類くらいあったと思う。

日本じゃ見かけない珍しい味もたくさん。どれを食べても美味しいです。

おすすめは、ジェラートじゃないけどチョコーレート味のグラニータ(スタバのフラペチーノ的な飲み物)。

f:id:tamayuri0123:20160413123603j:plain

この写真は、ブラッドオレンジとオレンジのグラニータ。

イタリア留学中に遊びに来た私の兄は、気に入りすぎて滞在中合計4回くらいは食べてました。私も1年間のイタリア滞在中、合計15回は食べたと思う(笑)

 

Perché no!… ペルケ・ノ!

f:id:tamayuri0123:20160413124041j:plain

フィレンツェの最中心部、大聖堂のすぐ近くにある、フィレンツェで3本指に入るといわれる評判の人気ジェラート屋さん。

ここも種類がめちゃくちゃ豊富で、味はピカイチです。

f:id:tamayuri0123:20160413125139j:plain

店名の「ペルケ・ノ!」とは、英語で言うと「Why not!」つまり「もちろんよ!いやなもんですか!」みたいな意味(解釈があってるかわからんけどたぶん)。

このジェラート屋さんにふさわしい名前です。

カップの大きさを6段階くらいから選ぶことができて、欲張りにいろんな味を食べてみたい人には、ひとつのカップに6種類くらい盛ってくれます。

f:id:tamayuri0123:20160413124432j:plain

私も、留学して2日目の放課後に、生まれて始めてのイタリアンジェラートをここで食べました。

ジェラートの種類が読めないから、色だけを見て適当に頼んだけれど、どれもおいしくて感動したのを覚えています。これはその時の写真。

食べたことのないようななめらかさと豊かで奥深い味です!

おすすめのカフェ

ランチや、町歩きに疲れたときに休憩するのにおすすめのカフェをご紹介。

La Terazza ラ・テラッツァ

フィレンツェの中心部にあるデパート「ラ・リナシェンテ」の屋上にあるカフェ。

テラス席からの眺めがとにかく最高。ここまで綺麗に大聖堂がどーん!と見られる場所は他にありません。

f:id:tamayuri0123:20160413125238j:plain

見よ!このロケーション!!

母と兄妹がフィレンツェに遊びに来た時、まず最初に連れて行ったのがこのカフェでした。私もその時初めて行った場所だったのですが、あまりの眺めのすばらしさにびっくり!

ドゥオモを目の前にしていただくカプチーノは最高のお味です。サラダやパニーノなど、軽食メニューもあり。

 

ちなみに、このカフェがあるデパート「ラ・リナシェンテ」の中にもイタリアブランドの服屋さんや、キッチン雑貨などがそろっているので、合わせてお土産探しにもオススメです。

 

おすすめのパニーノ

イタリアで食べるランチといえば、さまざまなおいしい具材が挟まったサンドイッチ「パニーノ」です!

I due fratellini イ・ドゥーエ・フラテッリーニ

イタリアには、ハンバーガーなどのファストフード店がとても少ないと言われています。その理由は、町中の個人経営のカフェで”パニーノ”が安く美味しく食べられるから。

歩けばパニーノに当たる、くらいの確率で街を歩くとパニーノが並ぶフィレンツェの旧市街の中でも、特におすすめなのがここ。

ドゥオモ付近、フィレンツェの中心部にあります。

2人がやっと入れるくらいのカウンターがあるだけの、すごくこぢんまりしたお店なのだけれど、お昼時になると行列が絶えない人気店。

パニーノの中身が全29種類から選べるようになっていて、自分の順番が回ってきたら番号を言って注文するという形になっています。なんとひとつ2.5ユーロ!安くて、どの種類を頼んでもおいしいです。

個人的なおすすめは、イタリアでないとなかなか食べられない、21番のナスとサルシッチャ(生ソーセージ)のパニーノ、それから18番のサラミとアーティチョークのパニーノ。

f:id:tamayuri0123:20160413130045j:plain

こちらは18番。サラミもアーティーチョークもとっにっかっく!肉厚で、なんていうんだろう、日本でいうなら安いのにネタがめっちゃでかくておいしいお寿司屋さん、という感じです。どのパニーノも、シンプルなのに絶にして妙な味。

私は、留学中に何個このパニーノを食べたことか…。たぶん20個はいってます。飽きのこない味です。

店構えを見ると分かる通り、お店に座って食べるスペースはないので、地元っ子気分で街を歩きながら食べ歩きしたり、どこかの広場まで持って行ってピクニックするといいかも。

おすすめビュースポット

本当はあまり教えたくない(笑)、フィレンツェのお気に入りの場所です。

St. Miniato al Monte サンミニアート・アル・モンテ教会

フィレンツェのビュースポットとして有名なのは「ミケランジェロ広場」ですが、個人的にさらにおすすめなのはこのサンミニアート・アル・モンテ教会。

ミケランジェロ広場は、観光客でごった返して騒やかで、それはそれでお祭りみたいで楽しい…。のですが、その広場から少し歩いて登り、この教会までくると、街の喧騒は鳴りを潜めてとても静か。いつも心地よい風が吹いています。

f:id:tamayuri0123:20160413131434j:plain

教会の立つ広場からの景色を堪能したら、ぜひ教会の中にも入ってみてください。

派手さはないけれど、ひっそりと金色に輝く壁画がとても美しく、静かで厳かな雰囲気の中でほっと一息つける場所です。

私は勝手にこの教会を「フィレンツェの小さな白い宝石」と呼んでよく通っていました!

できれば人にはあまり教えたくないくらい、フィレンツェでいちばんのお気に入りスポットです。

ガイドブックではバスでの行き方が案内されていることも多いですが、サンミニアート教会やミケランジェロ広場までの一帯は、公園のように気持ちいい散策道が続いています。

まるでジブリの世界みたいなので、私はフィレンツェの中心部から歩いていくのが好きです。

f:id:tamayuri0123:20160413132542j:plain

夕方サンミニアート教会を見た後、ミケランジェロ広場まで下って、マジックアワーのフィレンツェを見るのがおすすめのルート。

 

Ponte Grazie ポンテ・グラツィエ (グラツィエ橋)

ミケランジェロ広場のほか、街の中でフィレンツェの夕日を見るならここ!と私が人におすすめしているスポットです。

フィレンツェのシンボルともいえる「ポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)」のひとつ向こうにかかっている橋なのですが、ここから見るとちょうどヴェッキオ橋に夕日が沈むように見えて、アルノ川の水面に夕日が映って、とても綺麗です。

ヴェッキオ橋からこのグラツィエ橋に来るまでの道は、川沿いの景色がとても美しく、ちょっとしたおさんぽにもおすすめ。

f:id:tamayuri0123:20160323215059j:plain

私は、留学中この橋のたもとに住んでいたので、夕焼けの時間になるとしょっちゅう橋に行ってこの景色を眺めました。

f:id:tamayuri0123:20160413132922j:plain

グラツィエ橋、直訳するとありがとう橋。いい名前ですよね。おすすめです。

 

Campanile di Giotto カンパニーレ・ディ・ジョット (ジョットの鐘楼)

フィレンツェのシンボル、ドゥオモ(大聖堂)の横に立つジョットの鐘楼。

ドゥオモのてっぺんに登れるというのはわりと有名なのですが、以外と知られていないのがこのジョットの鐘楼のてっぺんにも登れること。

実は、ドゥオモのてっぺんに登ってしまうと、肝心なフィレンツェの象徴たるドゥオモそのものは見えなくなってしまいます(当たり前だ!笑)  。

ですが、ドゥオモの真横に立つこのジョットの鐘楼に登れば、高い塔から間近にドゥオモのクーポラ(屋根)を見下ろすことができて、圧巻です。

作られた当時のままの狭〜い石段を登っていくので、スリルは満点。きっと楽しいひとときになります。

 

以上、フィレンツェの個人的なおすすめスポットをご紹介しました。

情報は、私が留学していた2011年当時のものなので、もしかしたら古くなっているかもしれません。十分ご注意の上、参考になさってください。

 

私がイタリア留学中に書いていたブログはこちらです。

◆毎月第2月曜日には楽しすぎるアンティーク市が開かれていてとってもおすすめ。

イタリア留学日記21「掘り出し物がいっぱい!サント・スピリト市場」 少し日付が前後しますが、日曜日の出来事をしたためておこうかと思います。 今週の日曜日は、イタリア各地でベルルスコー...

 

◆フィレンツェで見つけた可愛い雑貨屋さんの記事はこちら。

イタリア留学日記31「フィレンツェでおすすめの可愛いお店」 さて!お待ちかね(?) 素敵な雑貨屋さんを紹介したいと思いますー♪ ドゥオモを下りた後は、お土産探し再開! お菓子...

 

◆時間があればフィレンツェから足を伸ばしたい、絶景はこちら。

イタリア留学日記56「豪華絢爛!オルヴィエートのドゥオモ」 みなさんこんにちは♪ 週末いかがお過ごしでしたか? 近頃涼しくなってきたせいで、最後の力を振り絞っているのかとにかく...
イタリア留学日記57「死にゆく町 チヴィタ・ディ・バニョレージョ」 前回の、オルヴィエートの記事の続きです。 さて、この「チヴィタ・ディ・バニョレージョ」という町、オルヴィエートからバス...

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。