アルプス山小屋生活

スペイン巡礼の次は、山小屋生活。秋まで北アルプスにこもりますっ!

 

みなさまこんにちは、たまゆりです。

帰国してから、荷物や写真や動画を整頓したり、とりあえずお寿司を食べたり、友達におかえり会を開いてもらったり、整体という名の愛のムチ(笑)でゴリゴリ体をメンテナスしてもらったり…と1週間ほど過ごしていたら、あっという間に次の旅立ちの日を迎えてしまいました。

 

明日から、長野県・北アルプスのとある山小屋に住み込み、お仕事させてもらってきます!!

 

今の心境は…楽しみと、不安…。

私に果たして山のタフなお仕事がつとまるのかっ!?

早寝早起きできるのかっ!?

毎晩他の人と雑魚寝してプライベートあんまない空間で暮らしてたら「アアアアアア!!!!!」って発狂しそうにならないかっ!?

 

などなど、不安でいっぱいですが、憧れの山。楽しみがやはり上回っています。

今回働かせていただく小屋は、登山者として何度か泊まりとても大好きだなあと思っていた場所です。だからすごく楽しみ。小屋ブログのファンなので、あのブログを書かれているかっこよくお仕事に情熱的な方々と、同じ場所で働けるのだと思うと、ドキドキでもあるし嬉しくもあります。

接客の仕事がなによりも好きな私なので、特にそんな面で、なにか役に立ったり、泊まりに来てくれた方達に喜んでいただけるといいなぁ、と思っております。

 

そして、何より楽しみなのは「毎朝起きたら、山がそこにドドーン!デデデーン!ってある(というかその山の上にいる?)」ということです。どんな感じなんだろうね…一体…。

意外に毎日見てたらすぐ飽きてしまったりするのか!?いやきっと、自然の風景は季節やその日その日のお天気で、いろんな表情を見せてくれるに違いありません。

 

登山客として山に上る場合は、天候が悪い場合はいつも登山を中止します。

なので、ものすごい悪天候の状態で山の上にいる、ということは未だかつて経験がありません。ですが、これから山小屋に暮らすことになる以上、当たり前ですがしばらくずっと山の上で生きることになります。ポツンと立った山小屋、そこに人が集まって、圧倒的な自然の力の中で嵐を耐え過ごすというのは、どういった感覚なのでしょうか。

 

う〜ん、とにかく!

未だかつて人生でしたことのない経験、景色、感情、に出会えそうな気がして、とてもワクワクしております。

せいいっぱい、来てくれる人を喜ばせたい!そして、大好きな自然も味わうぞ〜!!

 

そんな感じです。


カミーノでとってもとってもがんばってくれたシューズは、ぼろぼろになってしまったので…靴も新調しちゃいました(>▽<)ノ

 

それからなんと、今回のスペイン北の道巡礼旅の出発前からずっと、尊敬するお師匠さま?導師?メンター…?として多方面において多大なる助けを頂いていた緑の河童の御方から、餞別にとGoProカメラを譲っていただきました。

ひぇー!!!!ちっちゃい!!!!軽っ!!!!画角広い!!!!手ぶれなくてヌルヌル動く!!!!ちっちゃい!!!!しゅごい!!!!!

まだ全然使い慣れていないですが、仕事の合間など時間を見つけて、美しい山の風景をみなさまにお届けできることがあるとよいなあと思っております。

 

 

あとね、あとね、ちなみに。

気がはやいよ!って言われちゃいそうですが…

山小屋のお仕事が終わったら、ブログのコメントや、北の道で出会ったスイス人夫妻フランコ&ソニアに教えてもらった、イタリアの巡礼の道「ビア・フランチジェナ Via Francigena」の一部を歩きに行こうかなと計画中です。ガイドブック買っちゃいました!

 

さあ、どうなっていくのでしょうか。

それでは、また。まだ時差ボケひきずってるたまゆりでしたー!

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。