19歳のイタリア留学日記

イタリア留学日記11「フィレンツェのお天気模様。」

f:id:tamayuri0123:20190319113457j:plain

今週末は、少し前まで強く吹いていた風も収まり、とっても暖かく過ごしやすいまさに行楽日和!

だったのですが…月曜になってまた急に気温が下がって朝と夜は街が霧で包まれていました。

朝は特に濃い霧が出て、ヴェッキオ橋の真ん中から川を見渡しても、向こうのグラツィエ橋が見えないくらい…

日本でもあまりお目にかかったことがありませんでしたので、私にとっては新鮮でした。

あまり綺麗に撮れませんでしたが、ジョットの鐘楼もてっぺんが霞んでいます。

青空の下、キラキラと太陽を浴びる陽だまりの街はもちろん!美しいのですが、古い街並みやドゥオモのクーポラが薄もやに埋もれて霞むさまは、風情があってとても好きだなと思いました。

ホームステイ先のマリアさんによると、いかにもヨーロッパ!なイメージの、霧の街ロンドンなどとは違い、フィレンツェではあまりお目にかかることはないようです。

確かに美しい朱色レンガのフィレンツェには、明るい太陽の光のほうが似合うかもしれませんね。

いつもは賑やかな街も心なしか静かに感じられ、普段と違う雰囲気に「ちょっと珍しいものが見られたのかな?」とうれしくなりました^o^*

今日撮ったお写真ではありませんが。

雨の日のフィレンツェの街も、雰囲気があってなかなかいいものですね。

地元のイタリア人が差している傘はおしゃれですし、お土産屋さんで売っている傘がとってもカラフル!

そのせいもあってか、雨の日の広場や大通りにはカラフルな傘があふれて見ているだけで楽しくなってきます。

観光で訪れる方も雨だからと気を落とされず、落ち着いた雰囲気のフィレンツェを楽しんでみるのもいいかも知れませんね♪

あ、でも、雨の日は美術館などが少し混み合うので注意が必要です。

1月、2月とウフィッツィ美術館に列が出来ている光景を目にすることがあまりなかったのですが、今朝は朝から空模様がよくないせいなのか、長~い列が出来ていました。

さて、今日は(今日も?笑)

学校で出た宿題を片付けるために、サブリナ(スイス人のお友達♪)とカフェテリアへ。

ドゥオーモの目の前にある大きなお店で、二階にもテーブルがたくさん置いてあって勉強にはもってこいなのです!

エスプレッソとカップチーノ、ジェラートもお供に(^^*)

勉強の合間の休憩は、甘いものに限ります(笑)

では、おやすみなさい☆ミ

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。