リアルタイム巡礼記2019

【巡礼記0日目】イルンに到着。ひとりを思い切り楽しみたい!

巡礼記0日目 バルセロナからイルンへ電車移動


無事にイルンに到着しました!!

イルンの人たちはみんなすごくあったかい。
バルのお兄ちゃんも、アルベルゲで受付をしてくれたおじちゃんたちも、すれ違う人たちも。

イルンの公営アルベルゲは、ものすごくいい雰囲気の、何か特別なものがあるわけじゃないけど、必要なものは全部揃ってる、そんな解放的で思いやりにあふれたところです。吹き抜けのガラス戸の天井が素敵。明るくて清潔!

北の道オリジナル?巡礼手帳もとても素敵なデザインでした。


今日は、というか、昨日は、真夜中、夜の23時過ぎにバルセロナのエルプラット空港に着いて。

もう外も真っ暗だし人気もないから、外を出歩くのもちょっと不安で。
電車も翌朝早いのが予約してあったから、空港で一夜を明かすことにしたんです。

じつは、このバルセロナ空港での空港泊、出発前に「本当に大丈夫なのか?」とかなり不安だったところ。笑

でも、実際やってみたら仲間も他におおぜいいて笑、思いの外安心した雰囲気の中で、意外にも質の良い睡眠を取ることができたのでした。

今回はカミーノでのキャンプ用の銀マットをもっていたから、これを床に敷いて、肌寒かったからアルベルゲで使う用の寝袋を羽織って、念のためバックパックは腰のベルトに紐でつないでなおかつ抱きかかえて、貴重品は服の中…てな感じで、寝ました。笑

途中何度か掃除機の音で目が覚めたけど、それ以外は特に不安なことや怖いこともなく無事に夜が明けたのでした。

なんか、あれかも。笑
私、前に比べると、ものすごく逞しくなったってゆーか、心臓に毛が生えて来たかもしれない!

特に、野宿系に関してはここ数年で山でのテント泊やら車中泊やら野宿やらでかなり鍛えられたっぽい!

ん~~これは、さらに色んな夢が夢じゃなくなって来たかもしれないよ?!

と、少しワクワクするのでした。

えと、話逸れちゃった!笑


そいで、ぶじ朝を迎えて、薄明るいバルセロナの街を空港のある郊外から、新幹線駅のある中心地まで電車で移動しました。

このへんも事前にめちゃくちゃ脳内シミュレーションしていたからか、めっちゃスムーズすぎて逆に怖かった!笑

そしてバルセロナ・サンツという中心地の大きな駅で乗り換えて、いよいよカミーノのスタート地であるイルン行きの新幹線にのりかえました。

途中、フランス人の道のあたりを横切るように線路があります。
なので、窓の外から、すっっっごーーーくなつかしいカミーノのフランス人の道の景色も垣間見られてうれしかったな。

私がフアンさん(※巡礼記2016に出て来る、私がカミーノで恋に落ちた人)と出会った運命の場所(笑)
風車が丘の上に連なって、巡礼者のモニュメントがある、風と星の道が交わる場所。
そんな風景も車窓から遠くに見えました。

日本の自宅からすっごく長かった移動もラストスパート!
寝たり起きたり駅で買ったお菓子食べたり本読んだりをくりかえしながら、6時間電車にゆられて、ようやくイルンの駅に到着したのでした。


イルンの街は…マンションのような建物が多くて、車がたくさん通っていて、人が暮らすための街って感じです。

特にこれといって観光スポットがあるわけでもなし、歴史的な地区や教会があるわけでは、ありません。

だけどねぇ、やっぱり、人が本当にあたたかかったあ。


これはスペインの人がそうなのか、カミーノの沿道の人たちがそうなのかわからないけど。

本当に、目の前の人に、自然な親切を自然にするんだよね。押し付けがましくなく、放っておくでもない、構い過ぎるでもない、一番心地いい距離感を守って、だけど安心してそこにいてくれる感じ。

なんなんだろうなー。なんなんだろう、ほんとに!この愛の源は!


アルベルゲのキッチンでひとりスーパーで買ったパンで食事しながら思ったんですけど。

なんか、今回は、ひとり行動の多い旅になるかもしれません。いやいつもそうか?!(笑)

自分でもびっくりするほど、他の人とたくさん話さなくても、一人でご飯を食べるのも、一人での移動も。一人の時間を、自分のペースで自分の信念に沿って行動することを、全力で楽しんでる自分がいる。

ひとりでどこまでやれるんだろう。
ひとりをどこまで楽しめるだろう。

そんなことを試そうとしているのかもしれません。


ひとりというのは、誰の協力も得ないというのとはちょっと違くって。
自立、というのに近いのかなあ。ちょっとまだうまく表現できないんだけど、自分が培ってきた自信を、信じて進む旅になればいいなと思います。

この旅に来る前から長い間、私の日々生きる中でのテーマが「孤独ってなんだろう」だったんですよね。

今までいた場所をあとにして、色んな新しい世界に飛び込もうとしている今。

誰かと一緒じゃないと不安、誰かと一緒の方が安心、そんな自分の既成概念をぶち壊せたら、と思います。

ひとりを、思い切り、楽しみたい!!

誰かの承認を得ることの、もっと向こうにある何かを目指して。


それが、今の私がもうワンステップ成長するために必要なことなんだという気がします。

そんなことを考える旅に、もしかしたら、めっちゃ漠然としてるけど、なるかもわかりません。

さて!!!
明日から、いよいよ歩きの旅がスタートします。

どんな旅になるのかな。
 

それでは、また!
おやすみなさい。たまゆりでした。ちゃお!

 

 

続きはこちら。

【巡礼記1日目】青い海、緑の草原。やっぱりこの道には、天使がいる!みなさんこんにちは!! 今、今日の目的地だったサンセバスチャンの街に無事到着して、シャワーも洗濯も終えて、ホステルのベッドでのんび...

 

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

POSTED COMMENT

  1. ふるふる より:

    ついにですね!!
    楽しんでくださいねー

    私もドキドキしてきました♩

  2. Nanako より:

    初めまして〜!

    私はいまフランス人の道を歩いています。
    (ちょうど今日、風車の連なる丘を越えましたよ!)
    出発前はたまゆりさんのブログ参考にさせてもらいました〜。ありがとうございます。
    そして今は、自分はフランス人の道を進みながらたまゆりさんの北の道の記録を読むのが楽しみです♪
    もしもサンティアゴ付近でタイミングが合ってお会いできれば、直接お礼を伝えさせてくださいねー♪

    お互い素晴らしい日々となりますように。
    Buen Camino!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。