リアルタイム巡礼記2019

サンティアゴに到着、無事に帰国しました!改めて確かめた、譲れない願い。

 

みなさま、こんにちは。たまゆりです。

ブログの更新が久々になってしまいましたが、その後無事にサンティアゴまで到着。

昨日、無事に、日本に帰国いたしました。

 

今回の旅では、風邪をひいたりずっこけて怪我したりと、たくさんの方にご心配をおかけしたことと思います。

見守ってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

 

思い返せば、今回の旅は、あまりしっかりと文章で記録を残せなかったな…と少し残念に思っています。

ただ、それだけ、すぐに言葉にできないような、自分の中で巨大な、大きな感情、想い、経験をしてきたということなのではないかと思っています。

時間はかかると思いますが、少しずつ、写真や記憶をたどりながら、この旅で経験してきたことと向き合い、まとめていけたらと思います。

 

今回の旅はこれで一度終わりですが、この旅は、より大きな人生という旅路の中のほんの一部だったのだと思います。

前の記事でも書きましたが、今回、この旅を通してなにより一番に感じたことは「まだまだ、先を目指したい」ということでした。

 

うまくいえないのですが、私の夢は、強くなることです。優しくなることです。

辛い状況にあっても、タフな道を歩んでいても、優しく在れる強さと優しさを身に付けること。辛い状況でも、周囲を笑顔にして、ほっとさせられるような、心の中に、人に分け与えるだけの豊富な愛を持った人間に、私はなりたいと思います。

大変な状況にあっても愛や生きることを諦めないこと。それこそが人間の、生き物としての、生命としての一番うつくしい瞬間だと思うからです。花が咲くように、木が根を張り枝を空高く伸ばすように、蝸牛が懸命に地面を這うように。全ての生命に与えられた、生きようとする力。それは人間にとって、笑顔や愛そのものだと感じました。

そしてこの旅では、たくさん汚い自分にも出会いました。自分はなんて浅ましく、利己的で、意地汚い生き物なのだろうと絶望しました。人間は、悲しいけれどやっぱり、他の生き物などどうだっていい、他を蹴落としてでも、踏み潰してだって自分を守り可愛がりたいという面を持った生き物なのだと思います。それはたとえば、より陽の当たる場所や水を求めて時に他を妨害し繁殖する、植物とて変わらないのかもしれません。私はどうしたって他の生き物を殺して食べなきゃ生きていけません。それも同じように、生きようとする力なのだと思います。

そんな自分が自分の中にいることは、まぎれもなくたしかです。

それでも、自分の中の愛や笑顔を、誰かを笑わせたり心を通わせたいと願う自分を信じることを、諦めないでいたい。強くなることで、すこしでもそのように在れる瞬間を増やしていきたい。そのための努力を決してやめないでいたい。

 

汚さとも向き合い受け入れた上で、もっと生きたい、強く優しく、与えられたその力を、使い切って死ぬほど生命を全うしたい。

あまりに抽象的かもしれませんが、これが、今回の旅でより強く感じ、改めて確かめた私自身の夢です。

今はまだ全然力の及ばぬ途方も無い道のりです。わかってもらえる人もそんなに多くは無いと思います。

それでも追いかけ続けることをやめられない、たとえ終わりのない道でも、時に孤独に身を裂かれそうだとしても、人生をかけて一生追い続けたい、譲れない願いです。

 

その夢を叶えるための道を、これからも旅を通して新しく出会う人びとや、厳しくも優しい自然の中で学び、歩みたいと思います。

 

私自身の精神鍛錬の旅路は、この先もまだまだ続きます。

 

へへへ!

ひとまず、以上です。

それでは、おやすみなさい。たまゆりでした!

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

POSTED COMMENT

  1. march より:

    たまゆりさん、初めまして。いつもブログ拝見しています。
    私は昨年は還暦直前記念でレオンからフランス人の道を、今年は還暦記念でポルトからポルトガルの道を歩き、6/21にゴールし、23日まで滞在していました。
    前回のブログからたまゆりさんのサンティアゴ到着がだいたい6/22〜23日頃かな?もしかして広場でお見かけ出来るかな?と秘かに期待していましたがそれは叶いませんでした(笑)
    昨年フランス人の道を歩いた時にはたまゆりさんオススメのエルアセボのアルベルゲにも泊まりました。
    次は是非ポルトガルの道もどうぞ。
    これからもブログ楽しみにしています。まずはゆっくり休んでくださいね。

  2. 匿名 より:

    私は5月10にサンジャンから出発し6月15日にサンチャゴ着でした。
    それからバスでムシア、フィニステーラと2日間滞在してポルトガルのポルトとファティマに行き26日に帰国しました。
    70歳で女一人で歩いている。と知った途端、本当に皆さん、一応に驚かれたのがとても不思議でした。日本人は若く見られますね。
    50代だと思ったと、日本の50代が聞いたら怒りを感じられるのでは。(笑)
    私も貴ブログを見させていただき準備等をさせて頂きました。その中で本当に有り難たく役に立ったのはアプリのWhats AppとMapp.meでした。いわゆる市販の地図は持って行かず、H osokawaさんに頂いた資料のみで歩きましたので大きな街のアルベルゲや、ホテルに泊まる時街から出る時は活躍しました。そして、道中友達になった海外の人との連絡にMapp.meは大活躍。帰国後も何人かとはこれで連絡を取り合っています。
    多くの感謝を貴女に。

  3. たかゆり より:

    たまゆりさんと靴が一緒のたかゆりです。
    私は23日にSantiagoに到着しました!
    もしかして、同じ時たまゆりさんも同じ場所にいたのかもしれませんね
    今回私ははじめてのカミーノでしたが、もう、楽しいことしかありませんでした。天気にめぐまれ、周りの仲間にめぐまれ、一人で来たのに最後は一人じゃなかった!!
    たまゆりさんのブログ何度も読み返しては準備してきたんです。本当にありがとうございました。現地でたまゆりさん探せばよかったなー。ひとめお会いしたかったです。
    これからも夢に向かって突き進んでください。
    私もいつかまたここに戻ってきます。
    では。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。