19歳のイタリア留学日記

イタリア留学日記40「地震のその後」

f:id:tamayuri0123:20190319113457j:plain

こんにちは! みなさまいかがお過ごしでしょうか?

長らく間を空けてしまいましたが、順を追って近況を報告させていただきますね。

東日本大震災については、ここイタリアでも本当に大きく取り上げられ、朝夕のニュースでは必ず「terremoto(地震)」「tsunami」の言葉を耳にしました。

1ヶ月半経った今でも福島第一原発についてのニュースは頻繁に取り上げられ、いまだイタリア人の関心も高いところです。

フィレンツェの街を歩いていると、レストランや店先、掲示板などでよく目にしたのがこのチラシ。

フォルツァ・ジャッポーネ(がんばれ日本!)の文字と日の丸が目を引きます。

日本でもたまに見かけることのある、指定された番号にダイヤルすると自動的に募金がされるというシステムと似ていますね。

メール1通毎に2ユーロの寄付ができます。 個人経営の小さな酒屋さんなんかでも店先に目立つように置いてくださっていて、その気持ちをとてもありがたく思いました。

そしてこちらはサンタクローチェ広場の正面の建物。

EU、イタリア、フィレンツェ市の旗に加え、震災後から日本国旗が掲げられています。

震災で亡くなられた方への哀悼と、被害に遭われた方へのいたわりが込められているそうです。

このほかにも、友人知人はもちろん、時には街を歩いているときに呼び止められ、日本は大丈夫か、一刻も早く危険が去るように祈っていると言って下さった人もいました。

震災から1ヶ月が過ぎ、新しい問題も見えてきたりと依然大変な状況が続いていますが、遠く離れた国の人々からの労わりの存在を、心のほーんの隅にでもとどめておいていただけたら嬉しいなと思います。

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。