リアルタイム巡礼記

出発地のポルトに到着!のどかな電車旅、暖かい部屋。自然体の優しさに触れる。

みなさんおはようございます!たまゆりです。

ただいま、ポルトガルのポルトにいます。こちらは朝の6時をまわったところ。日本とは9時間の時差があります。

 

 

さて、ポルトガルに着くまでは、長い長いフライトでした(笑)

まずは中部国際空港から香港へ。香港で5時間の乗り継ぎ待ちのあと、9時間のフライトでカタールのドーハへ。(ツイートのフライト時間間違えてました)

わたくし、今回初めて中東での乗り継ぎをしたのですが…!

上空から見ただけとはいえ、見下ろすドーハの夜の街並みは、今まで見たどの景色とも違う雰囲気があって…とってもワクワクしました。

海の上に、円の幾何学模様を描いて浮かぶカラフルな摩天楼たちっ!!

ドーハ・ハマッドインターナショナル空港の中も、近未来の建物に迷い込んだかのようで…

世界には、まだまだ知らない世界があるんだ〜〜!!と、感激してしまったのでした。

 

 

で、ドーハで2時間乗り継ぎを待ったあと、再度7時間飛行機に揺られ(?)、入国審査ゲートで1時間ほど待たされ…

ようやく、ポルトガルのリスボンにたどり着くことができました。

 

空港から一歩出てみると、お天気は…雨ではないかっ!!!!!

しかもめっちゃ降っとる!!!!!涙

その後、地下鉄を経由してリスボン市内の鉄道駅に行き、そこから今回の巡礼の出発地点であるポルト行きの電車に乗りました。

森や田園風景、大小さまざまな町々の間を通る電車。どこかのどかです。

切符を切るおじさんも、私の切符を見て席の場所を教えてくれたおじいさんも、席が隣になった若いお姉さんも…みんな穏やかで自然体に親切で、なんだかとってもほっとします。日本で見る景色とはすべてが違うのに夢中になって、窓にかじりつくようにしている私を、どこか微笑ましいような顔で見ていてくれた(ような気がした)。

雲間からはたまに青空と淡い日差しが覗いて、そうすると一気に景色が暖かい色になるのがとても印象的でした。

緑が多くて、そこかしこで木々の葉っぱが黄色く色づいていたり、地面には小さな花が咲いていたりします。

 

そんなふうにして3時間ほど電車に揺られ、ポルトには昼過ぎごろに到着!

駅から歩いてすぐの、ドミトリー形式のホステルの、2段ベッドの上段にチェックイン…したのですが。

ロングフライトの疲れからなのか、ベッドの梯子から落っこちそうになったり、淵のないベッドからいろいろ物を落としそうになったり。どうも落ち着きません。

「これで、ちゃんと疲れを取って歩けるのかなぁ…」

そう不安になった私は、結局、別の宿を探すことに。

 

幸いにも、歩いて30分ほどのところに素敵な個室のキッチン付きアパートメントを見つけたので、急きょそこに連絡して、2日間泊めてもらうことにしました。

うーん、やっぱり、現地に到着してから数日は、個室でゆっくり休めるところを探しておかないとダメかもしれないな。

昔はぜんぜんいけたんやけどなあ…もう若くないってことかなあ…などとちょっと切ない気持ちになりつつ(笑)新しいお部屋へと移動したのでした。

 

急な予約になってしまったのと、私がネット環境を持っていなかったために、ちょっとだけ宿のオーナーさんと連絡がうまくいかなくて。

玄関の前で困っていたら、すぐ隣のトラベルエージェンシーのお姉さんとその娘さんが、とても親切に助けてくれました。

ネットがなくてメールがチェックできないから、事務所のWi-Fiのパスワードを教えてくれたり。オーナーさんに電話をかけてくれたり。荷物重いでしょう、そこに座ってね、と休ませてくれたり。なんて優しいんだ!

 

そうこうしているうちに宿主のミゲルが「ごめんねー!部屋そうじしてたのー!」とやってきてくれました。

 

そうして案内してもらったお部屋は、すっごく落ち着く場所…!

静かで、暖房がいっぱいあってあったかくて(笑)

ベッドの寝心地も最高です。あぁぁ、やっぱりこれやぁぁあ。癒されるうぅぅ(笑)

 

室内をひととおり案内してくれていたミゲルに突然「食材いるっ!!?」と聞かれて。「え!?う、うん!」と答えたら、「ちょっと待ってて!」とどたどたーっとエレベーターのない階段を駆け下りて行って、どたどたーっと戻ってきて、手にいっぱい抱えた食材を「はいっ!」と渡してくれました。

前のゲストさんが置いて行った物なのでしょうか。なんて自然な親切!

心地いい部屋に入って一気にホッとして、もう外に出る気力がなくなっていた私(笑)

ありがたくいただいた食料でごはんを作って食べ、ゆっくりと眠りについたのでした。(あんまりおいしそうじゃなくてゴメンなさい。笑 味はわるくなかったの!)

 

そんなこんなで、なんとか平和に終わった?ポルトガル滞在の初日。

電車の中で出会った人たちも、街で助けてくれた人たちも…ポルトガルの人たちの、自然体な優しさにとっても救われた1日でした。

 

疲れている時ほど、人の親切や優しさを素直に受け取れなくなってしまったり、善意を疑ってしまったりするもの。

私は特にものすごい人見知りなので、慣れない土地だとどうしても必要以上に周りを警戒してしまって、結果自然な人の親切な心までもを見落としてしまうことが多いんです。

 

だけどね、それも、ちょっとずつ克服していきたいなって、思います。

自分が何かを失うことを恐れてばかりいて、人を信じることをやめて自分の殻に閉じこもってばかりいたら…なにも変わらないから。

 

何度海外や知らない土地を旅しても、その度に自分のそんな臆病さに向き合ってばかりです。

でも、この土地で出会った優しい人たち、今まで出会ってきた人たち、これから出会っていくであろう人たちのことを、信じて……

少しずつでも変わって行けたらいいな。

そんなふうに思う1日目でした。

 

そういうことで、今日は1日、カミーノを歩き始めるまでの休息日。

ポルトの町を、軽く散策してみようかなと思っています。

 

それでは、また!たまゆりでした。

 

ただいまサイト工事中により、一部リンク切れなどがございます。お探しの記事が見つからない場合は、検索機能をお使いください。

POSTED COMMENT

  1. ふるふる より:

    もう到着ですね!
    ってか、うらやましーーーーー
    私も行きたいです(*≧∀≦*)

    楽しんでくださいね♬

    • たまゆり より:

      ふるふるさん
      ありがとうございます♪
      おっしゃるとおり、楽しむ!を第一に大切に旅の1日1日を過ごしたいと思います。
      またふるふるさんに行きたい!って思ってもらえるように、いっぱい写真撮ってきますね(*^◯^*)

たまゆり にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。